大阪府八尾市のヨーガ(ヨガ)と頭蓋仙骨(クラニオセイクラルワーク)オステオパシー・整体のTsunagu Lab.(つなぐラボ)より カラダとココロに気持ちのいい生活。
親指
老人福祉センターのヨーガ講座で、
「親指の付け根の裏が痛いのですが、どうしてですか?」と質問されました。

毎朝起きた時に階段を降りると痛むそう。

良く観察してみると、親指が反り上がっています。
それに、毎日親指を反る方向にストレッチしているとの事。

これでは親指がずっと反り上がった状態で、力が入りません。

親指に力が入らなくなると、脚の内転筋が次第に弱まり、
O 脚になったり、膝痛が出たりします。

この方は、その様な症状はありませんでしたが、
反り上げた親指の付け根の裏が当たって痛みが出ているようでした。

ヨーガ講座から整体講座になり、
親指に力を入れる方法をみなさんで行いました。

痛みは軽減したようです。

さらに「親指を上げて歩かないと、つまづく。」と言われましたが、
それは、膝を上げて歩かないからですー!

膝を上げる運動をする事によって、
脚を持ち上げる筋肉(大腰筋)を強化すると良いです。

ウォーキングをされる際にも
親指に重心をかけ、膝を持ち上げるよう意識してみて下さい




大阪・八尾市の整体・頭蓋仙骨(クラニオセイクラル)オステオパシーとヨーガ教室
Tsunagu Lab.(つなぐラボ)へのお問い合わせは、

こちらのメールフォームからお願いします。
(メールフォームに不具合が稀に発生しております。
うまく送受信が出来ない場合、24時間以内に返答が無い場合は、
tsunagu.imakoko[a]gmail.com の [a] を半角 @ と書き変えて
アドレスにしたもの宛にメールをしてください。
その際、このアドレスから返信を受信出来るように設定をお願い致します。)

出張整体・出張ヨガ教室等、ご相談下さい。

ご訪問下さりありがとうございます。


Posted by padmayur まゆみ
comment:0  
[身体の事
comment
comment posting