大阪・八尾市の頭蓋仙骨(クラニオセイクラルワーク)オステオパシー・整体とヨーガ(ヨガ)のTsunagu Lab.(つなぐラボ)より カラダとココロに気持ちのいい生活。
梅醤番茶
寒くなる季節に
よく飲む「梅醤番茶」。

私がかつて真面目なマクロビアン(マクロビオティック・正食を実践する人)
だった頃の朝ご飯でした。

湯呑みに
梅干し1個入れ、ショウガ汁少々、純正の醤油2滴をたらし、
熱い番茶をそそいで混ぜて種だけ残して飲みます。

梅干しもかつおぶしで混ぜたものやはちみつ漬けでなく
無添加の塩だけで作ったものがいいです。

血行を盛んにして老廃物を出し疲れを取ってくれ、
胃腸障害にもいいそうです。

食べ過ぎた次の日の朝や、
疲れを感じた時に飲むと
元気をもらってる~という感じがします。

私はさらに吉野葛を少量加えたりする事もあります。
葛を入れるとさらに体が温まりお腹の持ちもいいのです

ただし、梅醤番茶を飲んだ後は30分以上食事を取らないようにしましょう。
消化能力を低下させます。
食事と一緒に飲んではいけません。必ず空腹時に飲んで下さい。

Posted by padmayur まゆみ
comment:0  
[自然療法
comment
comment posting