大阪府八尾市のヨーガ(ヨガ)と頭蓋仙骨(クラニオセイクラルワーク)オステオパシー・整体のTsunagu Lab.(つなぐラボ)より カラダとココロに気持ちのいい生活。
世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え
世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え」を読みました。

ヨーガ教室の生徒さんで
オステオパシー整体院をされてる T 先生から
「これを読んだらクラニオ上手くなるらしいで〜〜」とご紹介頂きお借り致しました。


世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え

著者のエックハルト・トール氏は
さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる」などのスピリチュアル本で有名な方です。


「はじめに」の部分で

〜古代インドのスートラは、現存する最古のスピリチュアルな教えですが、
本書は、その現代版リバイバルとみなしていただいてかまいません。〜

と書かれている通り、
この本の内容はインド哲学、ヴェーダやウパニッシャッド、
ラマナ・マハリシなどの教えのエッセンスが
現代的に分かりやすく書かれています。

自分的にはこの邦題より
原題の「 Stillness Speaks 」を直訳して「静寂は語る」等にした方が
内容的にしっくりくると思うんですが。。。。

クラニオが上手になったかは不明ですが
瞑想的でとても良い本です。

私自身、クラニオを受けた時に何故か「瞑想的だなぁ」だと感じ、
そこから興味を持ちました。

ヨーガにも繋がるところがあるのだと思います。


T 先生、ありがとうございました



Posted by padmayur まゆみ
comment:0  
[読書
comment
comment posting