大阪・八尾市の頭蓋仙骨(クラニオセイクラルワーク)オステオパシー・整体とヨーガ(ヨガ)のTsunagu Lab.(つなぐラボ)より カラダとココロに気持ちのいい生活。
インド回想録・デリーそして帰国
バラナシから帰国する為、再びデリーへ戻りました。

デリーでは2年前の渡印での出会いで意気投合した Y ちゃんと再会。
日本では遠方に住んでいるので
なかなか会えませんが、
今回インドへ行く事を伝えたら日程を合わせて会う事に。
バラナシで会うはずだったのが上手く会えず、
心配していましたが無事会う事が出来ました。

今回の渡印のキーワードは、
「人」でした。

インドは日本のようにはスムーズに物事が進まない所です。

実は帰国する日にデモがあって、車で移動する事が出来ず
空港へ行くために、
大きな荷物を持って地下鉄で移動する事になったのですが、
やっとの事で乗った新型?の電動オートリキシャのおじさんが途中で駅の場所を知らない事が発覚。
大モメにモメたのち、←この部分も面白いですが割愛します。
大きな橋を渡る事になったのですが、
このオートリキシャの馬力が無く、上り坂では歩く人に追い抜かされるほどのスピード・・・
それが、ふわっと前に進む感じがしたので振り返ってみると、
私達のやり取りを見て心配したサイクル(自転車)リキシャのお兄さんが
オートリキシャの後ろをサイクルリキシャを漕ぎながら後ろから押してくれていたのです。
これには感動しました。。。。

その他にも
多くの方に助けて頂いたり、手伝って頂いたり。
困った場面は何度かありましたが、おかげさまで
無事に過ごせる事が出来ました。


それに、予想をしていなかった嬉しい出会いの数々。

超多忙のバラナシ在住の C ちゃんとデリーの何気なく入ったカフェで偶然の再会。
(私がインドへ来ている事を彼女は知らず、
その後仕事でムンバイへ行った為バラナシで会う事は無かった。)

プシュカールの道ばたで
バラナシ時代にお世話になっていたイギリス在住、家族で旅行に来ていた
バンスリー(インドの横笛)奏者の H 氏と6年ぶり?の再会。

2人とも移動日に会ったため時間が無く、数十分ほどしか一緒にいれませんでした。


一番のサプライズは
リシケシで、たまたまサットサンガ(聖なる集い)で来ていた
ムージと道ばたで偶然会った事。
ムージは「世界で影響力のあるスピリチュアル・リーダー」ベスト10に
入ると言われている方です。
You tube で検索するとサットサンガの様子がたくさんアップされてますので
興味のある方はチェックしてみて下さい。

お付きの人達がいらっしゃいましたが
ご挨拶、お話しする事ができました。
サットサンガに行く気満々でしたが都合が付かず行けませんでした

いずれの方達も
その時、そこにいなければ
会える事がなかったんだ、と思うと
なにもかもが奇跡的に感じてきます。

良い人達との出会いがあると
起こる出来事も
祝福されているかのようです。

友人が渡印の間の写真を見て「どれも笑ってる」と言っていました。
よっぽど楽しかったのでしょう
楽しく過ごせたのもみなさまのおかげです。


今回もあっという間でした。
次回はあまり移動せず、
もう少し短い日程で行ければな、と考えております。。。。

いつも寒い時期にお休み頂きましてすみません
これからも精進して参りますのでよろしくお願い致します。


また会う日まで、
ナマステ!





Posted by padmayur まゆみ
comment:0  
[2013 インド
comment
comment posting