大阪・八尾市の頭蓋仙骨(クラニオセイクラルワーク)オステオパシー・整体とヨーガ(ヨガ)のTsunagu Lab.(つなぐラボ)より カラダとココロに気持ちのいい生活。
インド回想録・プシュカール
インド・ラジャスターン州にある小さな町、
プシュカールは聖なる湖を取り巻くように広がっています。

湖は宇宙の創造神ブラフマーが手にしていた蓮華が
地上に落ちた所に出来たと言われていて
世界でも珍しいブラフマー神を祭る聖地です。

DSCN1717_convert_20130321202249.jpg

どうして3大神であるはずのブラフマー神を祭っているのが珍しいかと言うと
こんな話があります。

ブラフマー神は湖で供養祭を行なうと言って出かけたが
妻のサヴィトリ女神(サラスバティー)がいない時に
別の女性と結婚してしまい、
苦しんだサヴィトリ女神は
「今後ブラフマー神が他の地で崇拝されることはなくなる」と宣言したのだそう。

・・・・・


それはさておき、
プシュカールは聖地といえどもかなり観光地化されています。
インド人の巡礼者もたくさんいますし、
魅力的な町なので外国人観光客もたくさんいます。
日本人は少なく韓国人が多かったです。
数年ぶりの知り合いに偶然道ばたで会ったのにはびっくりしました。
(このような偶然の再会は、実は別の知人ともデリーでもしていて
 今回の渡印は何だか不思議な感じでした。)

ここで有名なのはラクダ祭りですが、
私はその時期に訪れた事はありません。
宿の料金が10倍に上がったりするという話を聞いた事があります。
ラクダ祭りでなくてもたまに見かける事もありますよ

特産物はバラです。
ローズウォーターやローズジャムなど売ってます。
地元の人達は「プシュカール・ローズだ。」と誇らしげに話してくれます。
ローズウォーターはお菓子に使ったり、化粧水にもなるのですが、
目にも良いそうです。

居心地も良く素敵な所ですが、ちょっと注意も必要です。

ラジャスタンの特徴のあるロングスカートを着ている女性(ジプシーかも?)に
握手を求められてもすぐに手を出さない事。
ヘナ(植物の染料で髪を染めたり、手に模様を描いたりする)を
いきなりされ、料金を請求される事があります。

それと、
湖の近くを歩いていると
「お花をどうぞ」と渡してくる人がいます。
それは好意のウェルカム・フラワーでは無く、湖でプージャ(儀式)をさせる為の花です。
プージャに興味の無い人は受け取らないように。

もしプシュカールに行かれる際は、トラブルの元なので気を付けましょう。


私はお香をこの地で仕入れています。
今では珍しい、100%ナチュラルで手作業で作られています。
ご興味のある方は「インドのお香」をご覧下さい。



Posted by padmayur まゆみ
comment:0  
[2013 インド
comment
comment posting