大阪府八尾市のヨーガ(ヨガ)と頭蓋仙骨(クラニオセイクラルワーク)オステオパシー・整体のTsunagu Lab.(つなぐラボ)より カラダとココロに気持ちのいい生活。
スワミ・メダサーナンダ師のサットサンガ
カタック・ダンサーのHさんにお誘い頂き、

桜井市の山辺の道沿いにある『車谷茶屋』さんへ

ラーマクリシュナミッションのスワミ・メダサーナンダ師の
サットサンガ( サンスクリット語で真理を求める人達やヨガを学ぶ人達の集まり)
に行って来ました。

少し早めに到着して、
元伊勢である桧原神社でお弁当を食べていると
スワミジがやって来られました。

100921_1246_0002.jpg

宗派を越えて参拝されている所を激写。
私のミーハー魂を揺さぶります。
しかもきちんと靴を脱いでおられました。
インドのお寺では靴を脱いで参拝します。

講話のテーマは『心の三要素―サットヴァ・ラジャス・タマス』について。
インド・ヒンドゥー教の聖典(ヨーガの聖典でもある)
『バガヴァッド・ギーター』の資料を元にお話をされました。

『バガヴァッド・ギーター』はインド古典中もっとも有名で、
ヒンドゥー教が世界に誇る珠玉の聖典であり、
聖書に次いで世界で2番目の発行部数を持つ書物だともいわれているにもかかわらず、
日本ではヨーガや精神世界や哲学を勉強する人以外、
殆ど読まれていないのではないでしょうか?

そんなに長い本ではないですし、色々な方の翻訳が出ています。
その中でも私は田中嫺玉さんの『神の詩』がシンプルで好きです。



で、サットヴァ・ラジャス・タマスって何?かというと、
ヨーガでは、心の三要素といって、
心が持つ性質を「サットヴァ」「ラジャス」「タマス」の
三つに分けることができると教えています。

サットヴァは 純粋な要素
     
ラジャスは 怒りやなど激しく動的な要素

タマスは 変化のない惰性的な要素。やる気がなく寝るなどです

ヨーガはサットヴァの状態を目指しますが、
最終的にはそれすらも手放さなければならない、と、ギーターは言います。

などなど、そのような事を分かりやすくお話されました。

その後、マントラと瞑想。
インドでヨーガのアシュラムで勉強していた頃を思い出しました。
こんな授業もあったのですよー。


100921_1621_0002.jpg

沢山の方が参加されていました。
どうもヨーガ団体さんのイベントだったようです。

スワミジの気さくなお人柄のせいか、
終止和やかな雰囲気で、堅苦しくなく
とても楽しかったです。

ありがとうございました
Posted by padmayur まゆみ
comment:0  
[日々のこと
comment
comment posting