大阪府八尾市のヨーガ(ヨガ)と頭蓋仙骨(クラニオセイクラルワーク)オステオパシー・整体のTsunagu Lab.(つなぐラボ)より カラダとココロに気持ちのいい生活。
沈黙の声
ヘレナ・ペトロヴナ・ブラヴァツキー著
沈黙の声―密教ヨガ聖典
を読みました。




沈黙の声―密教ヨガ聖典


ブラヴァツキー夫人は、神秘思想結社、神智学協会の設立者。

神智学協会はルドルフ・シュタイナーが在籍していた事があったり、
クリシュナ・ムルティと関係があったりしたので
気になってはいたのですが、
オカルト的なイメージが強く敬遠しておりました。

とはいえ、
漠然としたイメージだけで決めつけるのも何だと思い
ちょっと読んでみる事に。

しかしながら、
ブラヴァツキー夫人の言葉や背景が書かれているのでは無く、
どうやら
夫人がチベットに発見した「金筬の書(字、間違ってるかも・・・すみません)」を
英文に抄訳したものの邦訳でした。

訳が「べからず」調な上、
内容も難解です。

例えば
「沈黙の声を聴きて之を解する者は、
瞑想の一心集中すなわちダラーナの性質を学ばざるべからず。」
といった感じ。

ヨーガやインド哲学、密教の本が好きな方なら
興味深い内容だと思いますが
初心者?向けではありません


薄くて小さい本ですが
私は漢字になった日本語訳の仏教用語に疎いので
ちょっと読み難かったです。
この本に限らず意味を理解するのに時間がかかるんですよね。


最初の主旨からは外れたので
ブラヴァツキー夫人の本を読んだというより
濃い〜、タントラヨーガの本を読んだ、という感じ。


これはこれでおもしろかったですが
また別の本も機会があれば読んでみます。







Posted by padmayur まゆみ
comment:0  
[読書
comment
comment posting