大阪府八尾市のヨーガ(ヨガ)と頭蓋仙骨(クラニオセイクラルワーク)オステオパシー・整体のTsunagu Lab.(つなぐラボ)より カラダとココロに気持ちのいい生活。
オステオパシーって何?
Tsunagu Lab.(つなぐラボ)の施術は

カイロプラクテックやオステオパシーの理論を取り入れて行っています。

カイロプラクティックはご存知の方も多いですが、
オステオパシーは日本ではまだまだ馴染みがないようです。

「オステオパシーって、ホメオパシー(極度に希釈した成分を投与する療法)の事?」と
たまにおっしゃる方もいらっしゃいますが・・・

違います。


オステオパシーは、

1874年にアメリカ人医師であるアンドリュー・ティラ・スティル博士によって創立された
徒手医学、医学哲学です。

日本ではあまり馴染みのない療法ですが、
アメリカでは医学として、
欧州、オセアニアではオステオパシーの安全性・有用性が認められ、
次々と国家資格となっている国が増えてきています。
(先進国の中で、オステオパシーを政府国家資格として認めていないのは
日本だけだそうです。)


オステオパシーには基本的理論があります。

私は、この基本理念がとても Yoga 的で大好きです。

身体は一つの単位(ユニット)である。 一人の人間とは、身体、心、及び精神の単位である。

オステオパシーでは身体全体(骨格、筋肉、筋膜、リンパ、臓器、頭蓋など)
全てを一つの繋がったシステムとして捉え
その痛みや不調は身体のどこに問題があって起こっているのかという考えのもと診ていきます。

身体の機能と構造は相互に関係する。

身体は自己治癒力を備えている。

自己治癒力を上回る何らかの外力または内的変化が生じた時に病気が発生する。
 病気とは身体の構造の異常とそれに続く生理的機能の不調和の結果であって
 その原因ではないのです。


こうして身体全体を総合的に調整し、
様々な不調を改善しながら人間が本来持っている
自然治癒力を最大限に高めることを目的とした治療法です。



主な技法:

直接法、
間接法、
ストレイン&カウンターストレイン、
MET、
筋・筋膜リリース、
頭蓋オステオパシー(クラニオセイクラルもこれに当たります)
内臓マニュピレーションなど


オステオパシーは直訳すると、「骨治療」となり、なんだか恐そうなイメージですが、
実際は
ほとんどの方が眠ってしまわれるほど、ソフトで柔らかな手技が多いです


もちろん凝っているところはポイントで
しっかり押さえていきますのでご安心下さい
(揉まれるのが苦手な方はおっしゃって下さい。)


大阪・八尾市の整体・頭蓋仙骨(クラニオセイクラル)オステオパシーとヨーガ教室
Tsunagu Lab.(つなぐラボ)へのお問い合わせは、

tsunagu.imakoko[a]gmail.com の [a] を半角 @ と書き変えて
アドレスにしたもの宛にメールをしてください。
その際、このアドレスから返信を受信出来るように設定をお願い致します。
※ 24時間以内に返答が無い場合は恐れ入りますがもう一度送信願います。
(メールフォームは不具合が多いので取りやめました。)

出張整体・出張ヨガ教室等、ご相談下さい。

ご訪問下さりありがとうございます。










Posted by padmayur まゆみ
comment:0  
[オステオパシー
comment
comment posting