大阪・八尾市の頭蓋仙骨(クラニオセイクラルワーク)オステオパシー・整体とヨーガ(ヨガ)のTsunagu Lab.(つなぐラボ)より カラダとココロに気持ちのいい生活。
アル・カレラ

水曜ヨーガ教室の生徒さんの Y さんから夏野菜をたくさん頂きました。

その中に大きなニガウリが

北インドではニガウリの事を「カレラ」と言うのですが、
このニガウリのカレーが好きで、良く作ります。


IMG_0364.jpg


カレーといってもサブジと言われるスパイス炒めです。


作り方は簡単。

熱した油にクミンシード、生姜、ニンニクを入れ炒め、

香りが出たら玉ねぎのみじん切りを入れよく炒める。

そこに、塩、ターメリック、コリアンダーパウダー、好みでコショウとガラムマサラを入れ炒める。

次に千切りにしたジャガイモとニガウリを半月切りにして炒め、

トマトのざく切りを入れ

フタをして蒸し焼きにし、火が通ったら完成。

インドでは、
ニガウリを輪切りにして種を取らずに食べてました。


カレー味で食べやすくなって、夏にぴったりの一品です。


ニガウリはビタミンCがたくさん含まれており、
夏バテ予防や疲労回復、肌荒れなどに効果があるらしく、
苦味の素「モモルデシン」や「チャランチン」という成分に
血糖値を下げる効果があることがわかってきたそうです。
ほかにも色々効能があるようです。


良かったら試してみて下さい


ありがとうございます






Posted by padmayur まゆみ
comment:0  
[食べ物
comment
comment posting