大阪・八尾市の頭蓋仙骨(クラニオセイクラルワーク)オステオパシー・整体とヨーガ(ヨガ)のTsunagu Lab.(つなぐラボ)より カラダとココロに気持ちのいい生活。
シンプルに生きる


ドミニック・ローホー 著
『シンプルに生きる』を読みました。

以前に読んだ『シンプルを極める』の前作です。





シンプルに生きる―変哲のないものに喜びをみつけ、味わう



やはり『シンプルを極める』よりもこちらの方がより分かりやすく書かれていました。


ものを捨てる、という内容の本では無く、
本当に必要なものだけを所有し、後は手放すという事や、その為のアドバイスが

住まい、ファッション、時間管理、お金の管理、美容、食事、ひとづきあい、自己管理

に分けて書かれてあります。


書いてる事は至極あたりまえの事なので、内容が薄いと感じる方もいらっしゃるとは思います。


このあたりまえの事がなかなか出来ない。


あと、著者おすすめの、持つべきワードローブが書かれてあるのですが、
センスの合う、合わないがあるので
押しつけっぽく感じるかもしれませんが、
ひとつの目安になると思います。



この本にも著名な方の言葉の引用が載っていました。


今回気に入った言葉は

「もっとも重い病気は己のからだに無頓着でいることである。」
モンテーニュ



安さや手軽さのみを重視せず、
自分を取りまくもの、衣服や食べ物、化粧品や人間関係などすべて
本当に良いもの、ここち良いものを選んで行きたいですね。










Posted by padmayur まゆみ
comment:0  
[読書
comment
comment posting