大阪・八尾市の頭蓋仙骨(クラニオセイクラルワーク)オステオパシー・整体とヨーガ(ヨガ)のTsunagu Lab.(つなぐラボ)より カラダとココロに気持ちのいい生活。
梅酵素ジュース

最近、酵素が身体にとても良いと評判ですが、

話題の?「梅酵素ジュース」作りに挑戦してみました。

IMG_0209.jpg

作り方はとても簡単。

材料:梅と、砂糖のみ。上白糖を使いました。
 
分量は材料の重さ:砂糖=1対1.1になるように入れます。

私は梅を1kgと、砂糖を1.1kgで作りました。

① まず、梅を洗って、よく乾かすか、布で拭きます。

② 梅のヘタをようじで取ります。

③ 砂糖・梅・砂糖・梅、という順番になるように、瓶に入れていきます。
  最初と最後は砂糖で、砂糖がかぶるようにしっかり入れます。
  (私は大きな瓶がなかったのでバケツを使いました。)

④ 酵素は生きているので、ガーゼや穴をプツプツ開けたラップでフタをします。
  もしくは軽めにフタをします。
  (私は新聞紙をかぶせました。)


これで仕込みは終了。

後は1日1~2回手で混ぜます。

どんどん水分が出て来て・・・・



IMG_0330.jpg


1週間くらいすると

梅がしおれてきて、甘い香りが。

出来上がりの目安は、

細かい泡ができたり
梅がしおれたり、
梅が少し浮いたようになったり
手を入れた時の温度が少し温かくなった時などです。


それを、ガーゼで2度漉し、保存瓶に入れます。
(私は晒で漉しました。)

搾りかすは、梅ジャムになります。
(かなり量がありますので、冷凍してグリーンスムージーに入れたりしてます。)


飲む量は1日に60ccまで。(子どもは大人の半分、体調の悪い人は40ccまでだそう)

このままだととっても甘いので、
水で薄めて飲みます。


かなりおいしいです〜


上白糖を使うので抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、
砂糖は発酵によって、ブドウ糖と果糖という単糖になり、
砂糖としては存在しなくなり、砂糖の弊害はなくなるそうです。

ただしカロリーは原液1ccで4kcalありますのでご注意ください。


梅の季節は終わったので、今から見つけるのは難しいとは思いますが、

梅でなくても酵素ジュースは作れます。


上記の材料の梅を、お好みの果物や野草などに変えて作れるそうです。


紫蘇で作っても美味しそうですね






Posted by padmayur まゆみ
comment:0  
[食べ物
comment
comment posting