大阪府八尾市のヨーガ(ヨガ)と頭蓋仙骨(クラニオセイクラルワーク)オステオパシー・整体のTsunagu Lab.(つなぐラボ)より カラダとココロに気持ちのいい生活。
ドゥルパドのライブと講座へ行ってきました。
先日こちらのブログでもお知らせしました、

Shreeさんの「ドゥルパドのライブと講座」へ行って来ました。


Shreeさんとお会いするのは去年の日本ツアー以来、

バンスリー(インドの竹笛)奏者の、Noriさんとお会いするのは前回インドへ行ったぶりです。

ヨーガ教室の生徒さんが数名来て下さったり、

インドでお会いした方にも偶然再会したり、

このブログを読んで下さっていた方に初めてお会いしたり(!)と、

ライブが始まる前からちょっと興奮気味でした


IMG_0225.jpg


1曲目は
シタール奏者、南沢靖浩さんによる、スールバハール(巨大なシタール)と、
シタール奏者、国分明子さんとNoriさんによる、タンプーラと
Shreeさんの声楽による
ドゥルパド・スタイルの演奏。

巨大倍音楽器が3台と
発する声の1音1音が身体や心に響いてくる
まさに音の海の中を漂うようなライブでした。

1曲目と言っても1時間くらいあるので

ドゥルパド・スタイルはこの曲のみ。

2曲目からは
インドの神様のマントラの音節をShreeさんがアレンジした曲。

私の好きなマントラも唄われました


IMG_0236.jpg


最後の曲はNoriさんのバンスリー演奏も。

Noriさんはバンスリーの制作者でもあり、この開場の2階にあるアバロンスパイラルにて
販売されています。

氏のバンスリーは
インドだけでなく、ヨーロッパのミュージシャンにも人気のバンスリーなんですよ


IMG_0229.jpg

興味心身で質問する、友人の娘、小学3年生のバラタナティアム ダンサー


IMG_0237.jpg

その後、瞑想的な音楽の中で眠ってしまいました



そして


IMG_0322.jpg


ライブの興奮冷めやらぬ2日後に、

ドゥルパドのワークショップが行なわれました。

先月(参加出来なかったのですが)はターラ(リズム)についてされたようですが、

今回はラーガ(旋律)について学びました。


北インド古典音楽の基礎知識を分かりやすく教えて下さり、
難解なインド音楽の仕組みが解き明かされていきます。


今までは、雰囲気で好きだったのが
理解を深めるとさらにおもしろく聴けるようになります。


IMG_0328.jpg


今回の講座ではたくさん声を出して唄いました。

本当のところ、1年以上かけて学ぶような内容を2時間でシンプルだけど丁寧に
伝えて下さるのは、さすが、の一言。

ドゥルパド、インド音楽を熟知されてるShreeさんならではのワークショップだと思います。

参加者全員の声がタンプーリ(小さいタンプーラ)の倍音と合わさって
またまた音の海に包まれたような感覚に

聴いてるだけでなく、自分で声を出した方がさらに音のバイブレーションとの一体感があり
何とも心地が良いのです。
(たまに教室でするのですが、ヨーガでもこのようなセラピーがあります。)


楽しい2日間、ありがとうございました


ShreeさんとNoriさんは、8月5日にも同じ開場、「サレガマ」さんにて

WULANGと共演されます。

ドゥルパドではありませんが、

オーストラリア大陸先住民族の楽器ディジュリドゥや、アイリッシュ・ブズーキなど、

民族楽器との何が起こるか分からない、即興ライブセッション。


お時間の合う方は是非、足を運んでみて下さい。

このライブもかなり楽しそうです。


詳細は、
アバロンスパイラル http://www.avalonspiral.com/
〒551-0002
大阪府大阪市大正区三軒家東1-20-19
TEL:06-4394-2338
OPEN:11:00-19:00
定休日:火曜日

までお問い合わせ下さい。












Posted by padmayur まゆみ
comment:0  
[日々のこと
comment
comment posting