大阪府八尾市のヨーガ(ヨガ)と頭蓋仙骨(クラニオセイクラルワーク)オステオパシー・整体のTsunagu Lab.(つなぐラボ)より カラダとココロに気持ちのいい生活。
スピリチュアル・コンパス
またまた、サティシュ・クマール の本を読みました。

友人が、
ヨーガでいう、3つのグナを題材にしてるよ、と、薦めてくれました。




スピリチュアル・コンパス 宇宙に融けこむエコ・ハートフルな生き方 (超★スピ)


以前、瞑想会で3つにグナを題材にし、
また別に説明すると書きつつもそのままにしてしまっていました。
すみません・・・


で、グナとは、要素や性質を表し、

・サットヴァ=純粋性
・ラジャス=激質、動性
・タマス=暗黒質、惰性

の3つからなります。

そして、物質や食べ物だけでなく、心の状態もこの3つのグナからなると考えられています。

氏は、3つのグナを分かりやすく紹介し、
これからの政治・経済・社会のあらゆる局面に適用できる明確なコンパス(羅針盤)として、
実生活のみならず、環境を考える上でも参考になるとしています。

私もグナの事についてお話する時は、
日常にある事を題材にして説明するのですが、
氏の解説は、さらに深く具体的で
持続可能なより良い社会を目指すために、3つのグナを常に意識するというものです。

サティシュ氏は、精神論だけで終わらず、南北問題や資本主義、消費主義の問題点など、
精神面と現実的な問題との関係性をしっかり指摘している点でも
他の精神的指導者や、環境活動家とは異なります。

それと、サティシュ氏に影響を与えた
マハトマ・ガンジーや、ビノバ氏のメッセージも
心に響きます

インドはこのような覚者がいる(稀に、であれ)から魅力的なんですよね。


こういう本を、学校の指定図書や教科書にしたらいいのに・・・。


それと、サティシュ氏の本を読んでいていつも感じるのは、
「謙虚」であるという事。
人に対してだけでなく、動物や植物、物に対しても。

気を付けていても、傲慢になったり、横柄になったりしていないか、
立ち止まらせてくれます。


氏のように徹底したアヒンサ(非暴力)は難しいかもしれないけれど、
今日から心がけられるお手本がいっぱい詰まっています。

ヨーガや、3つのグナの事に興味がない方にも
おすすめです





Posted by padmayur まゆみ
comment:2  
[読書
comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/07/02 12:15 | | edit posted by
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/11/06 04:08 | | edit posted by
comment posting