大阪・八尾市の頭蓋仙骨(クラニオセイクラルワーク)オステオパシー・整体とヨーガ(ヨガ)のTsunagu Lab.(つなぐラボ)より カラダとココロに気持ちのいい生活。
オージャスのひみつ
「オージャスのひみつ」を読みました。





タイトルの通り、
インドの伝承医学、アーユルヴェーダの「オージャス」に焦点をあてた内容です。

オージャスとは、心身を健康にする生命エネルギーの事。

オージャスは、いのちが、おかあさんのお腹に宿った時、
20日目くらいに小さな袋状の心臓ができ、
そこにおかあさんから8滴のオージャスが入って、
心臓が動き出すのだそう。

このオージャスは減ったり増えたりせず、一生心臓の中にあって、心臓を動かし続けます。
(この意見を受け入れ難い方もいらっしゃるとは思いますが、
あぁ、そういう考えもあるのね、と、受け止めていただければとおもいます

もう1種類、減ったり増えたりするオージャスもあります。

この生命エネルギー「オージャス」を増やす方法が
分かりやすく書かれています。

オージャスがたくさんあると、
こころとからだの機能を調和して活発にし、
免疫力が高まり、自分の本来の持ち味が発揮されて
魅力的になるのに対して、

オージャスが減ると、
身体に不調を感じたり、精神的に不安定になったりします。

オージャスを増やす方法として
・健全な食事をとる
・オイルマッサージをする(毎朝!)
・瞑想
・正しい行動
などなどがあります。

アーユルヴェーダの専門書は、難しかったり、
日本では実践しにくい事が書かれている事もありますが、

この本は、かわいいイラストに大きめの文字で、
すぐに生活に取り入れられる事が書かれています。

「オージャスチェック表」や
体質・性質チェック表など、簡単なものですが、あります。

それと少しですが、「オージャスが増えるレシピ」もあったり、
セルフ・オイルマッサージ法があったりと
結構盛り沢山の内容です。

簡単で読みやすいので、始めてアーユルヴェーダの本を読むのにも
おすすめです









Posted by padmayur まゆみ
comment:2  
[読書
comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/05/08 14:12 | | edit posted by
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/11/05 23:09 | | edit posted by
comment posting