大阪・八尾市の頭蓋仙骨(クラニオセイクラルワーク)オステオパシー・整体とヨーガ(ヨガ)のTsunagu Lab.(つなぐラボ)より カラダとココロに気持ちのいい生活。
関節の鳴る音
身体を動かすと関節がポキポキ鳴る事があります。

「どうして鳴るの?」と質問される事がありますが、
最近まで説があるだけで、判明されていませんでした。

それを、カナダ・アルバータ大学でリハビリ医学を教えるグレッグ・カウチャック博士の研究グループが、
世界カイロプラクティック連合(WFC)研究委員長で、
カイロプラクターであるジェローム・フライヤー教授の協力を得て
MRIを使ってポキッと鳴った瞬間の関節内部で起きていることを、映像として記録したそうです。

それによると、、、、

関節が急激に引き離されると滑液の圧力が下がり、ガスの気泡が生じるのですが、
下がった圧力を戻そうとする力によって、滑液が一気に隙間へと流れ込み、
ポキッという音を生じさせるとともに気泡が消えるのだそう。

でも、この関節の音、一回鳴らしたら鳴らなくなるのと、何度も鳴るのがありますよね?

ヨーガ教室の生徒さんとも話てましたが
音の鳴る種類もいくつかあるんじゃないでしょうか。
全部の関節音がこれに当てはまるとは思えないんですが、一つは判明した、という所ですかね。

関節を鳴らすことの身体への影響や効果についてはまだ研究中みたいです。

人の身体って、分からない事でいっぱいですね





大阪・八尾市の整体・頭蓋仙骨(クラニオセイクラル)とヨーガ教室
Tsunagu Lab.(つなぐラボ)へのお問い合わせは、

こちらのメールフォームからお願いします。
(メールフォームに不具合が稀に発生しております。
うまく送受信が出来ない場合、24時間以内に返答が無い場合は、
tsunagu.imakoko[a]gmail.com の [a] を半角 @ と書き変えて
アドレスにしたもの宛にメールをしてください。
その際、このアドレスから返信を受信出来るように設定をお願い致します。)

出張整体・出張ヨガ教室等、ご相談下さい。

ご訪問下さりありがとうございます。


Posted by padmayur まゆみ
comment:0  
[身体の事
親指
老人福祉センターのヨーガ講座で、
「親指の付け根の裏が痛いのですが、どうしてですか?」と質問されました。

毎朝起きた時に階段を降りると痛むそう。

良く観察してみると、親指が反り上がっています。
それに、毎日親指を反る方向にストレッチしているとの事。

これでは親指がずっと反り上がった状態で、力が入りません。

親指に力が入らなくなると、脚の内転筋が次第に弱まり、
O 脚になったり、膝痛が出たりします。

この方は、その様な症状はありませんでしたが、
反り上げた親指の付け根の裏が当たって痛みが出ているようでした。

ヨーガ講座から整体講座になり、
親指に力を入れる方法をみなさんで行いました。

痛みは軽減したようです。

さらに「親指を上げて歩かないと、つまづく。」と言われましたが、
それは、膝を上げて歩かないからですー!

膝を上げる運動をする事によって、
脚を持ち上げる筋肉(大腰筋)を強化すると良いです。

ウォーキングをされる際にも
親指に重心をかけ、膝を持ち上げるよう意識してみて下さい




大阪・八尾市の整体・頭蓋仙骨(クラニオセイクラル)オステオパシーとヨーガ教室
Tsunagu Lab.(つなぐラボ)へのお問い合わせは、

こちらのメールフォームからお願いします。
(メールフォームに不具合が稀に発生しております。
うまく送受信が出来ない場合、24時間以内に返答が無い場合は、
tsunagu.imakoko[a]gmail.com の [a] を半角 @ と書き変えて
アドレスにしたもの宛にメールをしてください。
その際、このアドレスから返信を受信出来るように設定をお願い致します。)

出張整体・出張ヨガ教室等、ご相談下さい。

ご訪問下さりありがとうございます。


Posted by padmayur まゆみ
comment:0  
[身体の事
久々の再会/ホ・オポノポノ整体
ひゅんひゅんさん ひでさんご夫妻のお宅へ
出張整体で
ご訪問させていただきました。

ひゅんひゅんさんは映画「オハイエ!」の上映を企画されたり、
ひでさんは、自然農やみつばちの飼育をされたり、
素敵なご夫婦です

ひゅんひゅんさんと最初にお会いしたのは
ネパールでした。
帰国後再会し、
私が心身共に大変だった時期にとても励ましてくださった方です。
クラニオをしている事を覚えて下さって
呼んでくださいました。

ひでさん、施術中に凝りをほぐしていると
「ごめんなさーーーい!」と叫び声が。

どうして謝っているのか伺うと、
こんなになるまで放っておいたご自身の身体に謝られていました

その後
「ごめんなさーい!」「ゆるしてくださーい!」
と続いた後に
「あ、これなんかホ・オポノポノ(ハワイに伝わる癒しの方法)みたいやね。」
と、
「愛していまーす!」「ありがとうー!」
と続けていらっしゃいました。

ホ・オポノポノ整体・・・・
ひでさんの発想、なんだか一石二鳥のようでおもしろかったです

お二人は田舎暮らしを始められるので
なかなかお会い出来る機会は減りそうです。
(と言っても今回も4年ぶりくらいですが。。。。)

落ちつかれたら訪ねて行きたいと思います。

ありがとうございます





Posted by padmayur まゆみ
comment:0  
[身体の事
出張整体
最近、
ヨーガのお知らせと食べ物の事ばかり書いてますので

たまには整体・クラニオセイクラルの事を

ありがたい事に
出張で整体をご利用して頂く機会が増えて参りました。

殆どがご紹介やクチコミのお客さまで、
特に赤ちゃんを出産後のお母さま方がご利用してくださっています。

産後の骨盤調整をご希望される方が多いですが、
妊娠される前から、出産するまで
そして子育て、
さらにお仕事と両立されてる方も。。。。
調整が必要なのは骨盤だけではありません。

日々の元気に、メンテナンスに、リラクゼーションに、活用して頂ければと思います。

ママ友さんが何名かで呼んで下さって、
お互いの赤ちゃんを見合いっこしながら
順番に施術を受けてくださったり、

今回伺わせて頂いたお客さまは
2人目を出産されて1ヶ月目のママさん。
親族の方々といっしょにご利用下さいました


お越し頂く事が難しい際は
時間が許す限り出張致しますので
お気軽にこちらのメールフォームまでお問い合わせ下さい。

もちろん八尾にも出張致します。

訪問が苦手な方は近鉄八尾の『カフェ・ククル』もしくは
JR八尾の『松の実陶房.』での施術をご利用下さい。

いずれの際も完全予約制となりますのでご了承下さい。

よろしくお願い致します




Posted by padmayur まゆみ
comment:0  
[身体の事
お姉さん座りはしないで。
先日、いつも元気なKさんがヨーガ教室後に
「実は階段を降りる時に右膝が痛い」とおっしゃいました。
膝関節の内側を触っても痛い。
診せていただくとどうも内側半月板がズレてるようです。

半月板は、膝関節の間にあってクッションとなり、膝の円滑な運動を助ける働きをする軟骨組織です。


hizakansetu.gif


上の図は画像検索したら出てきたのを拝借致しました。
右側の膝を前から見たところです。

内側にある半月板だから内側半月板。

お話を伺っても特別何もしていないらしい。

もしかして・・・
「お姉さん座り(横座り)をよくしませんか?それもお尻を左に落として、足は右にして。」
と伺うと、しょっちゅうしているうえに、
さっき教室でやったお姉さん座りを使ったアーサナでは反対側に座り難くキツかったとの事。

この座り方で座ると、上に重ねた方の膝の内側が開いて、
半月板が押し出される形になります。

それに何か他の要因が重なったのでしょう。

少し関節マニピュレーションをしたら痛みは軽減されましたが
お姉さん座りがクセづいているとなると骨盤も歪んでいると思います。
(骨盤のチェックはしませんでしたが^^)

お姉さん座りはやめて下さいね、とお願いし、
座って皆さんとお話を始めて10分頃したらお姉さん座りに・・・

「無意識でやってしまうんですー!」とおっしゃってました。
習慣ってこわいです。

気がついた時にやめるように逆に習慣をつけるようにして
身体を再教育していかないといけないです。

あと、足を組んで座るのも歪みますからやめてくださいね




Posted by padmayur まゆみ
comment:0  
[身体の事
| HOME | next